ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「医龍4」第8話あらすじ&感想

*ネタバレあり。

研修医”ツーブロック”早川の改心!!

医龍4#8
オペの後、うなだれる早川と朝田(*番組公式サイトより画像お借りしました。)

はじまり

研修医の早川(柄本佑)は、外来では対応が悪く患者の家族の希望で朝田(坂口憲二)に診察を代えられ、病棟では採血が下手だと患者に文句を言われる。

プライドの高い早川はイライラを募らせ、岡村(高橋克典)にL&P病院へ戻して欲しいと訴えるが「朝田先生から学ぶことがあるはず」と却下される。

L&P病院に移籍した伊集院(小池徹平)は、自ら考案した新しい研修プログラムを実施、早川にも参加を勧めるが、「忙しいし、全部の科を回るなんて無意味」と断られる。

加藤(稲森いずみ)、ついに桜井(平幹二朗)のオペができる脳外科医を探し出した。アメリカで一番というマイク・ボールドウィンだった。交渉に入るという加藤に朝田は症状を考慮して2ヶ月以内のオペを希望する。

展開

桜井総合病院の外来に、足のむくみを訴える魚屋の長沼芳江(大島蓉子)がやってきた。早川は簡単に診察を済ませ下枝動脈瘤(*静脈瘤?)と診断。立ち仕事女性にはよくある症状と説明し、医療用(弾性)ストッキングの着用を指示し芳江を帰宅させた。

翌日、芳江が搬送されてきた。立ちあがろうとした途端に呼吸困難を起こし倒れたという。芳江はエコノミー症候群(静脈血栓塞栓症)を起こしていたのだ。朝田を呼ぼうとする師長・猪原(キムラ緑子)を止め早川が治療にあたるが、芳江は意識を失ってしまう。 呆然自失状態の早川。朝田が呼ばれ、麻酔医として荒瀬(阿部サダヲ)も駆けつける。オペが始まった。

朝田の助手を務めようとする早川朝田「お前の患者だ。お前が執刀しろ」と言い、早川は覚悟を決めて丁寧に血栓を除去。要所要所で朝田が指示、急な出血で早川がパニックを起こしそうになると荒瀬「落ち着け、ツーブロック…」と。桜井院長も見守っていた。先輩医師の力を借りて早川が執刀するオペは無事終わった。

知識だけで実力が伴わない自分を思い知った早川にオペの直後、朝田は声をかける「お前の処置が患者を救ったんだ」。早川は泣き崩れる…。

感想

ベタですけど、いい話でしたねぇ~(T_T)

意識の戻った芳江さんとご主人の所へ行った早川は、別人でした。

「申し訳ありませんでした!」

「自分が丁寧に診察していれば見抜けたはずでした」

自分のミスを認め素直に謝罪していました。現実問題としては、医療ミスとして訴えられるケースが増えているので、ここまでハッキリ自分の非を認める発言はしないのかもしれません。

ですが、医師である前に人として、間違いがあったなら認めて謝るのが当たり前で、そういう世の中であってほしいと願います。

さらに、自分が拒否された小児糖尿病の患者が朝田先生の前で笑顔なのを見て、桜井先生から医師という仕事の素晴らしさを聞き、伊集院の研修プログラムへの参加を決めた早川。17時を過ぎても働く彼の姿が見られるようになるでしょう( ´艸`) 

***

桜井先生のオペ、どうなるのでしょう?マイク~は2年先まで予約がいっぱいってww順番待ちしてる間に患者がどんどん死んでしまうのでは??前回も思ったのですが、鬼頭先生(夏木マリ)は思わせぶり発言じゃなく、いい医師を知ってるなら紹介してよ~(T_T)

今回は岡村の笑顔が多かった気が。そろそろ彼の秘密とやらが明かされてもいいですよね?あ、これも鬼頭先生は知ってるっぽかった!もしかして、桜井先生を救える優秀な脳外科医=岡村??隠し事がおおすぎるよ、鬼頭ちゃん←野口風w

*** **

小ネタ

笑いどころが多かった今回。私のお気に入りは…

医龍4スーパーdr木原?
自称スーパードクター・木原(池田鉄洋)伊集院の掛け合い(コント?) *公式サイトより画像お借りしました。

 

木原:木原ヘアーは俺が俺である証だ。

伊集院:前から思ってたんですけど、その髪型ですよ。

木原:え、えー今言う?今このタイミングで言う??7年だと思ってたの???

伊集院先生、力つけましたね( ´艸`)

 

*録画・メモなし、記憶を頼りに書いています。そのため、特にセリフは実際と違っていることがあります。ご了承願います。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村