ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「医龍4」第7話あらすじ&感想

*ネタバレありです。

今回の岡村のターゲットは、伊集院!

医龍4#7
強い絆で結ばれた伊集院と朝田 (*画像は番組公式サイトよりお借りしました。)

はじまり

L&P病院に入院中の桜井修三(平幹二朗)に検査結果を聞かれた朝田龍太郎(坂口憲二)は、脳の動脈瘤のことは伏せ胸部大動脈瘤とだけ告げる。 

岡村(高橋克典)は、野口(岸部一徳)に次のターゲットは朝田ではなく伊集院登(小池徹平)であると話す。そのころ、伊集院は婚約者の美雪(中村ゆり)に呼び出されていた。明真を辞めたことがばれた伊集院は「桜井総合病院には自分が求めている医療がある」と必死で訴えるが、美雪は「明真でなくちゃダメ」と泣き崩れてしまう。

朝田と加藤(稲森いずみ)荒瀬(阿部サダヲ)は、桜井を救うためには脳と心臓の同時オペが必要と判断。朝田と同時にオペのできる優秀な脳外科医を早急に探すことを決めた。朝田の前に鬼頭(夏木マリ)が現れ、アメリカの脳外科医を探すように助言する。

展開

美雪の父親・豊(斉木しげる)末期の肺ガン副腎への転移もあり余命3カ月と宣告されていた。自分のせいで美雪と伊集院の仲が気まずくなることを心配した豊は桜井総合病院にやっ てる。「美幸の負担になるから」と治療を拒否し、ホスピスを探すつもりだと言う豊に伊集院は桜井総合病院への入院を勧める。

朝田に豊のオペを打診する伊集院。だが、「患者の体に負担がかかるだ けでガンを完全に排除することはできない」と断られてしまう。うちひしがれる伊集院に朝田は「医者が患者にできることは切ることだけじゃない」と話す。

患者に対して自分のできることを!…いつにも増してかいがいしく働く伊集院。豊の体を拭いている時、背中に目立つ傷跡を見つけた。昔、火事に遭った時に木の柱が倒れてきて木片が刺さり怪我をしたという。このことと、朝田のところに届いた症例から、伊集院は豊の「副腎腫瘍」は肺からの転移によるガンではなく「異物性肉芽腫」なのではないかと見立てる。

伊集院の見立ては正しかった。朝田に見守られながら伊集院が執刀したオペは無事に終わる。だが、設備の整ったL&P病院でオペをした代わりに伊集院はL&Pへ移籍しなければならない。オペの直前、岡村と約束をしていたのだ。朝田は伊集院を「お前ならいい研修医を育てられる」と見送る。

朝田との同時オペが可能な優秀な脳外科医探しは難航を極めていた…。

感想

「異物性肉芽腫」…体内に残った異物を組織がぐるぐる巻きにして腫瘍のようになる~不思議な現象ですよね。たしか、ブラックジャックにそのようなエピソードがあったような。

副腎の腫瘍がガンなら肺ガンと合わせてステージIVでオペ不可、肺ガンだけならステージIAでオペが有効!!伊集院の献身的な働きによる「気付き」が導いた奇跡のようなお話でした^^ 

あ、忘れちゃいけない、朝田のひとことが荒瀬の時と同様に背中を「ポンッ」と力強く押していました(o^-')b 出番が減ってもやはり主役!

岡村という人物は謎だらけではありますが、医師の技術だけでなく人柄もきちんと見ているところには好感がもてます。今回なら伊集院「努力による成長」を高評価していることがそうです(野口とかツーブロック早川みたいな口先だけの人間は低評価。軽くあしらってるとこがナイスww)

桜井先生は脳にも動脈瘤があることに気付いていました。朝田が言わなかったことで逆に「かなり悪い」ということも悟られていましたね…。優秀な脳外科医、国内は全滅?鬼頭先生、もったいぶらないで紹介してくれたらいいのに…。

***

次回は、ツーブロック早川がメイン??前回ちょっと改心したかと思いかけましたが、そんなことなかったww 伊集院がL&Pの「研修医担当」になるのですが、あいつが優しい伊集院センセの言うこと聞くわけない。何か大きな失敗をやらすとか( ´艸`)で、今度こそ改心するといいな~期待!!

 

*録画・メモなし、一度見ただけで記憶を頼りに書いています。そのため、特にセリフは実際とは違う場合があります。ご了承願います。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ