ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「相棒12」#16~聞きすぎた男 あらすじ&感想

*ネタバレありです。

相棒12#16
写真右:今回の事件の発端となる人物・小曽根(山崎樹範) *画像は番組公式サイトよりお借りしました。

はじまり
 高性能の盗聴探知器を開発したという小曽根(山崎樹範が「花の里」を調べると厨房から盗聴器が発見された。
 女将の幸子(鈴木杏樹は小曽根にお礼として1万円を渡すが、あとでその話を聞いた右京(水谷豊享(成宮寛貴に詐欺ではないかと疑われてしまう…。

 そんな小曽根が白金の住宅街で盗聴探知機の実験を行っていると、聞こえてきたのは悲鳴とともに「夫の遺体を見つけた」という女性の声。「警察に届 けよう」という声も聞こえてくるが、それを打ち消すように「解剖なんかしたら、絶対見つかっちゃうじゃない」と反対する声が続く。小曽根は発信源が「鍵谷」という家であることを突き止め警察に通報するのだが…。

 交番の警察官が鍵谷家を訪問するが、家の中からでてきた里枝(嘉門洋子「何の話なのか?」という反応のため、「イタズラ電話」と決めつけて帰ってしまう。納得がいかない小曽根は特命係に相談。

 小曽根が盗聴した内容はなんだったのか? その家で一体なにが起きていたのか? 聞こえてきた「解剖したら見つかる」というのは何なのか?


真相

 鍵谷家では確かに夫・初男が死んでいた。

初男は勤務先の「顧客データ」を盗んだ疑いをもたれ、自宅謹慎中だった。盗聴器をしかけた人物は初男の上司で、警察よりも先にデータを取り戻そうとしていた。だが、実は初男はデータを盗んでなどいなかった。

 初男の死因は覚せい剤を大量に飲んだことだった。その覚せい剤は妻・里枝が近所のレストランオーナー・三沢から入手していたもので、スティックシュガーの袋に入っていた。里枝の留守中に初男は砂糖だと思ってそれを使ってしまったのだ。

 小曽根が聞いたのは、帰宅して夫の死体を発見した里枝の悲鳴と、三沢を呼んでからの二人の会話だった。「解剖したら見つかる」というのは、データの入ったUSBなどではなく覚せい剤のことだった。

***** ***** *****

 高級住宅街に住む奥様が”刺激がほしくて”覚せい剤に手を出して…という話でした。旦那さんが気の毒すぎるww 会社でも無実の罪で疑われて、自宅謹慎していたせいで、普段入ることのないキッチンで砂糖だと思って飲んだら覚せい剤って(>_<)

 小曽根さん、なかなかいいキャラですし、仕事内容的にも(副業のほうね)事件に絡みやすそうなので、また登場してくれないかなぁ…とちょっと期待してます♪

(小曽根と書こうとして、なぜか何度も小木曽と書いてしまった^^;)


*録画・メモなし、一回見ただけで記憶を頼りに書いています。そのため、特にセリフは実際とは違う場合があります。ご了承願います。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ