読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「医龍4」第6話 あらすじ&感想

*ネタバレあり。

医龍4#6
写真左:桜井の誤診を訴える患者 千尋(李千鶴) *画像は番組公式サイトよりお借りしました。

はじまり

朝田(坂口憲二)は、桜井(平幹二朗)の検査に立ち会うためL&P病院へやってきた。L&P病院では、新しく院長となった荒瀬(阿部サダヲ)が病院内の地位や面子を取り払い、患者にとって最善のオペができる執刀医を決めるようになっていた。荒瀬が実績をあげていることを岡村(高橋克典)から報告された野口(岸部一徳)は面白くない。

同じころ、桜井総合病院では患者の千尋(李千鶴)が、桜井に誤診されたと抗議に来ていた。桜井に問診と聴診だけで心臓病と診断されたせいで仕事を降ろされたが、後にL&Pで再検査をしたところ気管支喘息だったという。この様子を見ていた早川(柄本佑)は岡村に報告に向かう。早川の話を聞いていた野口は「誤診は当然」と言い、意味深な笑顔を浮かべる。

翌日、朝田はもう一度診察させて欲しいと申し出るが、千尋はそれを拒否。正式な謝罪がない場合は訴えると言って帰って行く。

桜井の検査結果が出た。心臓と脳に動脈瘤が発見され、かなり難しいオペが必要だとわかる。

翌朝、桜井総合病院に抜き打ちで厚労省の医療監査が入る。突然のことに戸惑う一同の前に、千尋を連れた野口が現れた。

展開

<桜井への疑惑>

桜井総合病院は次々と問題を指摘された。病院の規模に対して難しいオペが多いこと、死亡する患者が多いこと、未収金が多すぎること…そして、院長である桜井の医師免許が見当たらないこと。古参の看護師である猪原(キムラ緑子)でさえ桜井の医師免許を見たことがないという。

そこで野口が自分と桜井の過去について語り始める。二人は同じ大学の医学部の先輩後輩であり、学生運動に参加していた。桜井は学生運動のリーダーで、野口にとってはヒーローだった。

医龍4#6ヤング桜井・野口
若き日の桜井(平岳大)野口(岸部大輔) *画像は番組公式サイトよりお借りしました。

やがて学生運動は鎮圧され、桜井は退学処分になり、戻ってこなかった。大学に残った野口は学生運動に参加したせいで冷遇され苦労したという。「ヒーローに裏切られた」という思いを野口はずっと持ち続けていたのだ。

<真相>

桜井は、日本の大学を退学後アメリカに渡り、ハーバード大学の医学部を卒業したのち現地で医師として活躍していた。当時のことを鬼頭(夏木マリ)がよく知っていた。「海外での臨床経験があれば日本の医師免許が取れるはず」という彼女の言葉通り、卒業証書と一緒に医師免許が埃まみれで発見された。

その他の指摘された問題も「患者第一」ゆえであることが認められ、桜井総合病院は難を逃れた。

<誤診?の真相>

急に具合の悪くなった千尋を朝田たちが緊急オペ。彼女は気管支喘息ではなく、心臓喘息だった。千尋はL&P病院では呼吸器科を受診し検査を受けたが、循環器科は受診していなかった。桜井の診断が正しかったのだ。

*** ***

感想

桜井先生が無免許じゃなくてよかったーーー!(^^)! 信じてましたけどね、でも、もしかして…と、ちょぴっと不安だったんですよね^^; 朝田は桜井先生を全面的に信じていて、1ミリも「もしかして」感がなかったなぁ、さすが!!

あの野口にとっても桜井先生は”ヒーロー”だったと。「患者を救うために医者になりたい」と野口も思ってたのですね…今は真逆なところにいるけども(>_<)

「気管支喘息」ではなく「心臓喘息」~問診聴診だけで正しく診断できるのは桜井先生のようなベテランだから?というのが大きいですが、専門分野だけでなく、患者の体全体を診るという考え方ができるからなのだと思います。医療の専門化が進むと意外な見落としが増えるのかも…とちょっと思いました。

”ツーブロック”早川が、なんだか桜井病院寄りというか、朝田寄り…になった気が。前回まではそうでもなかったのに、キャラが変わっている気がww まぁ、相変わらずL&Pのスパイ活動はしてますが。こやつはどうなるんだ??地味に気になる存在です( ´艸`)ぷ。

*録画・メモなし、1回見ただけで書いています。そのため、特にセリフが実際とは違っていることがあります。ご了承願います。