読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「明日、ママがいない」第5話 あらすじ

*ネタバレありです。

明日ママ5
ピア美とポスト (*画像は番組公式サイトよりお借りしました。)

はじまり
パチ(五十嵐陽向)は里親候補の山口(松林慎司)・潤子(高橋かおり)夫婦を訪ねる。
一方、音楽室でピアノを弾くピア美(桜田ひより)に、突然現れたみど り(高橋ひとみがある曲をリクエスト。後日、音楽教師からコンクールに出るよう勧められたピア美は、みどりが音大教授で参加費を負担してくれると知る。 ドンキ(鈴木梨央は、一度断った川島(松重豊)・美鈴(大塚寧々)夫婦の家に‘お試し’に行くよう言われる。

展開

ピア美
「パパがきっと見に来てくれる」と信じて、夜も学校の音楽室で猛練習(ポストが見張り役)。本番でも実力を発揮して見事銀賞に。「パパは来なかった…」と落胆するが、真実は違った。ピア美の父親(別所哲也は来ていたのだ。客席の後ろで遠くから娘の晴れ姿を見て立ち去っていた。自分の生活だけで精いっぱいの彼は、才能のある娘の幸せのために自分は邪魔なのだと考えていた。

ボンビ
憧れの「ジョリピ」夫妻には何年も子供ができないと知る。いつも遊びに来ていたのは姪だった。辛い不妊治療をやめ、子供は諦めようという話に。ボンビは言う「自分の子供じゃなきゃダメですか?」「子供ができない親がいるように、親ができない子供もいるんです。そういうことも知ってください」と。

ドンキ
川島夫婦に一度断ったことを詫び「普通でいてください」とお願いする。家族はいいことばかりじゃないから…というのがドンキの思い。この言葉で両者の距離はぐんと縮まった。

オツボネ
弁当屋の佐々木香織(鈴木砂羽と親しくなり、料理を教わる。彼女から「かつて妊娠したとき母子ともに危険な状態になり、自分は赤ちゃんを守ってほしいと夫に頼んだが彼は私の命をとった。それから2人の関係がうまくいかなくなった」と聞かされる。

パチとポスト
あめ細工の店を営む山口夫婦と自然に馴染んでいった。もう”シャンプーボトル”がなくても平気のよう。だが、時々寂しそうな元気のない様子を見せる。それは、実の母親への気持ちからか、小さな母親=ポストに対する気持ちか…。
結局、山口夫婦に引き取られることになったパチ。お別れの当日までポストだけは知らなかった。「いいパパなの?」「うん」「いいママなの?」「うん」最後のぎゅーっで、パチを送りだすポスト。さらに、パチの乗ったクルマを追いかけ見送る。その手にはパチが作ったポストの顔のアメが…。

ロッカーと叶
叶(木村文乃の誕生日にケーキを作ったロッカー(三浦翔平。ポストと一緒に叶の住むマンションで帰りを待っていた。が、帰宅した叶は一人ではなかった。婚約者と一緒だったのだ。いたたまれず、ケーキを手渡し、ロッカーの手を引いて逃げるように去るポスト。ロッカーの思いはどうなる…。

*録画・メモなし、1回見ただけで書いています。そのため、特にセリフは実際とは違っている場合があります。ご了承願います。