ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「S-最後の警官-」第5話あらすじ&感想

<*ネタバレありです。>

はじまり

国際テロリスト「M」こと正木圭吾(オダギリジョーは忽然と姿を消した。
NPSのメンバーがSATから出向してきた蘇我綾野剛の歓迎会を開いていた頃、女子高生の加藤由真(飯豊まりえ)が、睡眠薬で自殺を図ったという連絡が入る。
最後の警官第5話
由真の話を聞くNPSメンバー (*画像は番組公式サイトよりお借りしました。)

由真が救急車で運ばれた先は、偶然ゆづる(吹石一恵が勤める病院で、床の上に落ちた拳銃の弾を拾ったゆづるは、ちょうど入院していた秋(土屋アンナに、拳銃の弾を見せ相談する。
ここしばらく、自殺者の傍に「M」が使用するのと同じ、ナイクラッド弾が残されている事件が連発していたことが判明し、「M」との関連性が疑われた。

一命を取り留めた由真から一號(向井理らが話を聞くと、その背景に「神父」というハンドルネームの人物が浮かび上がる。

NPSは、「神父」の居場所をつきとめ、確保に向かう。「神父」こと板橋満生(滝藤賢一の部屋に突入するが、板橋の姿はなかった。板橋はナイクラッド弾の箱を持って交番に自首をしていたのだった。「神父」こと、板橋から話を聞く一號たちだが、その真意は…。

展開

板橋自殺を勧めていたわけではなく、逆に「思いとどまってほしかった、生きる道を選んでほしかった」と言う。

彼は、心療内科だったが、ガンに侵され余命いくばくもなく、生きる希望を失っていた。そんな時たまたま見つけた自殺志願者が集まるサイト。そこで相談に答えているうちに「神父」と呼ばれ、自らもそう名乗るようになっていた。「神父」であることが彼の生きがいになっていたのだ。

ナイクラッド弾は、たしかにMから手渡されていた。板橋はこれを自殺志願者に送っていたが、その思いは「人を殺せる強い力のあるものをお守りのように身につけることで、生きる力を持ってほしい。死なないでほしい」ということだった。

ナイクラッド弾は19人に送っており、11人は生きることを選んだが、6人は自殺を図り5人は死亡した。その事実に板橋は胸を痛める。
最後の警官第5話神父
神父こと板橋満生(滝藤賢一) (*画像は番組公式サイトからお借りしました。)

板橋が移送されることになり、彼のことが気がかりな一號は移送元の警察署で板橋が出てくるのを待っていた。また、一號の見張りとして蘇我も同地へ出向いた。
神妙な面持ちで、待ち構えるマスコミのフラッシュの中を歩く板橋。突然ナイフを持った若い男が飛び出し、板橋を刺した。どうやら関係者ではなく加熱したマスコミの報道に感化されての行動だったようだ。

駆け寄る一號と蘇我。即死かと誰もが思った板橋に「死ぬな!!」と心臓マッサージをする一號…息を吹き返した。蘇我が確認すると、心停止後6分以上が経過していた。奇跡だった。

板橋は一命を取りとめたものの、意識は戻らないだろうと医師から告げられる。だが、息子が「ベッドで死を迎えられる」と、彼の両親は一號に礼を言う。

病院からの帰り、蘇我は一號に自分の姉が「二度殺された」と語る。彼の姉は同じ人間に、強姦され、さらに刑務所から出てきたその日にめった刺しにされて死んだという。犯人は「不幸な生い立ち」だった。だが、それを理由に刑を軽くしていいのか!?蘇我の「犯罪者を絶対に許さない」という強い思いはここから生まれていた…。

***** ***** *****
色々と考えさせられる話でしたね…。

・何が善で、何が悪か?
板橋のしたこと、自殺志願者の交流サイト、マスコミの存在…どれも善悪両面あると思います。

・原因と結果、どちらが大事?
一號は「原因」、蘇我は「結果」を重視した発言をしています。一號は人間は基本的に「善」だと信じていて、だから今回も「なんで?どうして??」を連発していたのだと思います。一方、蘇我はお姉さんの件で深い傷を負っているので、人間の「悪」の面にどうしても目が行くし、結果が全てだと考えるのでしょう…。

謎…

・Mの目的は一体何??
今までと違って、ごく僅かな弾だけを渡しています。テロにつながる行動とはいえませんね。警察やマスコミの動きを見て面白がりたかっただけ??うーん、わからん┐( ̄ヘ ̄)┌

・一號の ハンドパワー
また出ましたね!!秋ねーさんに見ていただきたかったぁ…


★ピックアップ!「神父」を演じた滝藤賢一さん

滝藤賢一(たきとう けんいち)1976年11月2日生まれ(37歳)既婚

半沢直樹」での半沢の同期、近藤役の好演が記憶に新しいですね^^ かなり幅広い役柄を演じられる方です。頭の形とハスキーな声に特徴アリ☆です。
梅ちゃん先生」の定食屋の主人(あまり働かないダメ亭主)のようなコミカルな役もやられるのですが、どちらかというと「狂気」を感じさせる役がハマるなぁという印象があります。13歳のハローワークカラマーゾフの兄弟などで独特の存在感がありました。
今回の「神父」役では役作りのために、なんと1ケ月で10kgも体重を落とされたのだとか!もともと細身なのに…。その役者魂に頭が下がります(>_<)

*録画・メモなし、一度見ただけで記憶を頼りに書いています。そのため、特にセリフは実際とは違っている場合があります。ご了承願いますm(__)m