読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「ガキ使」特番がBPO審議対象に!なぜ今?明日ママとの関係?

放送倫理・番組向上機構BPOの「放送と青少年に関する委員会」は、今月3日までに、日本テレビ系で昨年大みそかに放送されたバラエティー番組「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!」を審議対象とすることを決めました。
ガキ使年末
「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!」製作発表時

どこが問題視されたのか?

BPOによると…
「お笑い芸人がロケット花火を尻で受け止める」「芸人の尻に注射器で粉を入れ、ほかの芸人の顔を近づけて噴射させる」などの場面について、委員から「放送基準に照らし問題があるのではないか」などの意見が出たとのこと。

おそらく、(子供も見るということを前提に)真似をしたら危険、下品といったことで 問題アリ とされたのでしょう。


なぜ今頃?明日ママのとの関連??


私が疑問に感じるのは「年末の番組についてなぜ今頃?」ということです。以下、あくまでも私見ですが理由として考えられることを書きます。

・特番だから
毎週放送の番組ではなく1回限りの「特番」なので急ぐ必要がなかった。しかし、毎年年末恒例として放送されているので、次に備えて釘を刺しておきたかった。

・「明日、ママがいない」と同じ日テレ
放送局が同じなので、他に問題がある番組がないかチェックしていて引っかかった。

松本人志の「明日ママ」批判への苦言
番組出演者のダウンタウン松本人志が1月28日に他局の番組で下記のような苦言を呈しています。


なんとなくイタズラ半分、面白半分でクレームつけてくるものまで(テレビ局側が)対応しちゃうと、(番組が)どんどん面白くなくなっていきますよね」
 
『クレームしたら番組終わらせられるんだ』っていうのができちゃうと、どんどんつくり手はやりにくくなってくる」


彼の言葉は、
  • (番組をよく見ずに)面白半分でクレームをする人々
  • テレビ局側がそういう人たちにまで対応すること

に対してのものであり、
番組を本気で見て本気でクレームをしている人に対するものではありません。
ですが、時期的に「何か関係があるのでは…」と考えてしまいます。

また、「明日ママ」問題(及び最近の番組中止問題)に対しては、岡村隆史ナインティナインも、1月24日にラジオ番組で

「(テレビ番組では)なんにもできへんようになる。また(視聴者が)ちょっと気に食わないと、また(番組が)中止になって、ニュースになって。そんなのばっかり」「テレビは終わった」

などと苦言を呈していました。


上記二人の言葉は、放送にたずさわる人間として、テレビのこれからを危惧するまっとうな意見です。
もし彼らの発言を受けて「芸人がドラマのことに口を出すな」的な見方をして、バラエティー番組へ必要以上に厳しい目が向けられたのだとしたら悲しいです。

審議を行う際には番組そのものにしっかり目を向けて、公平公正な判断をしていただきたいと思います。