読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「夜のせんせい」第3話感想

*ネタバレありです。

「夢が叶った人」と「夢破れた人」が登場。このドラマのテーマ「どれだけ夢に破れても、人は生きていける!」のど真ん中をいってるお話でした。
夜の先生3
写真中央…夢破れた人~梶原治(大倉孝二) 画像は番組公式HPよりお借りしました。

桜(観月ありさのクラスの生徒、梶原は、漫画家として再デビューを目指すも現実に流されてしまう、パッとしない45歳の漫画家アシスタント。そんな彼を桜と定時制の仲間たちが応援(おせっかいww)し、梶原も本気を出すのだけれども…現実はやっぱり厳しいのね(>_<)というお話でした。

同じクラスの上武(田中圭は、対照的に「成功した人」なのですが、嫌味なキャラ…ていうか素直じゃないキャラ?で安定感あるなぁと思いました。袴田吉彦もステレオタイプな成功した嫌な奴で登場~この人も抜群の安定感ww

「ネタ帳」がない!!の時はまんまと騙されましたが、かつての鬼編集者が絶賛している時は「あれれ??」と思いましたよ。そんなにうまくいくわけないよなぁ…と。やはり、そうでしたね。
そのまま終わったら後味悪かったのですが、最後、文化発表会の絵、あれ、すごく良かったですね!実物を見たいです(^O^) 梶原の優しさが出ていて、人が自然に集まって笑顔になる絵でした^^

***** ***** *****
このドラマ、実は今回初見なのです。学校モノってあまり好きじゃなくて^^; でも、脚本が林宏司さん(コードブルー・BOSSなど)ということで見てみたら、なかなか面白いじゃないですか!(^^)! 
学校の場面は「演劇」っぽいですね、良い意味で。テンポが良くて、わかりやすくて、今までの林作品のコメディー色をかなり強めに出した感じ。週末に見るのにちょうどいいのではないかと思いました。

観月ありさもアラフォー、時が経つのは早い!まさかあの ありさちゃん が「場末のスナックのママ」みたいな衣装とメイクをする日が来るとは…「あまちゃん」の春子(小泉今日子)の時よりも衝撃的でした(>_<) だけど、次はどんなの着るんでしょ?と楽しみでもあります♪…あのド派手な衣装は原宿で売られているそうですよ。

最後に、大澤(山本耕史が謎すぎです。もしかして「ヤ」の人?…教師だと思いこんでいましたが、生徒だったのねー( ´艸`) 気になるので次回も見ます。