ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

2016冬ドラマ・「フラジャイル」第5話・ネタバレあらすじ&感想

<*約3分で読めます。>

あらすじ

医者になるはずたった森井

森井(野村周平)は本当は医者になるはずだった。家業が傾き、通っていた私立の医大の学費が払えずに三年で自主退学を余儀なくされ、やむを得ず臨床検査技師になっていたのだ。

余命一年の青年

森井はガンで余命一年を宣告された青年・小早川(安田章大)に出会う。保育士として最後の仕事を終え僅かな荷物で夜中に入院手続きにやってきた小早川は、積極的な治療を望まず、緩和ケア病棟での生活を選ぶ。

「何かやりたいことは?」という熱血医師・稲垣(平山祐介)の問いに「特に何も」と答える小早川だが、本当は「作曲」をしたいと思っていた。

自分と小早川を重ね合わせる森井

同年代の小早川とお互いの秘密を打ち明け「公開して後悔」した森井は、お金がないために小早川が生きることを諦めているのが我慢できなくなり、緩和ケア病棟に乗り込み、「ヤミ金から借りてでも」とまで言ってしまい騒動となる。

岸(長瀬智也)は「後悔しているのはお前なんじゃないのか」と森井の行き過ぎた行動を諌め、小早川には笑顔で「君は今生きてる」という言葉を残した。

「生きたい」という思いに気付いた小早川だが……

思わず泣いてしまい、自分の中の「生きたい」という強い思いに気付いた小早川は、高額な治療薬「オクトレオチド」を使うか否かの返事を待ってほしいと稲垣に伝える。そして、五線譜と鉛筆で作曲を始めた。

一気に曲を完成させた小早川はそのことを唯一の「友達」となった森井に伝える。森井は喜び時々病室を訪ねると言い、小早川は笑顔で応えた。

だが、その後、小早川は外出中に陸橋から転落した保育園児(かつての教え子)を助けたために死亡してしまう……。

 

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(1) (アフタヌーンコミックス)

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 

感想

まさかの「死亡オチ」でした。この結末はいただけない。もっと希望を持てる終わり方であれば今回は本当にいい話だったのにと残念に思います。

小早川の力ない諦めたような笑顔が、ふだん冷静な森井の”らしくない”でも”若者らしい”熱さで本当の笑顔になっていくような、そんな展開でした。自転車二人乗りをはじめとする小早川&森井のシーンはほのぼのしていて思わず頬が緩みました。

森井に「今からでも医者になることはできるのにそうしないのは、今が気に入ってるからじゃないの」と言ってくれた小早川に涙。「やったことリスト」の4番として「1人の友達に今の仕事が好きだと気付かせてあげた」と加えよう!……(1…1つの曲ができた2…1人の友達ができた3…1つの命を助けた)。

小早川は残念ながらオクトレオチドの効かない体質だったようですが、それでも生きてほしかったです。一年あれば新しい曲がいくつできたことか。”あと一年も”生きられたのに。屋上のベンチで森井とパン(岸先生提供)食べたりする姿を見たかった……。

***

”らしくない”といえば、岸もです。実はかなり世話好き(おせっかい)なことが判明。

森井が「やらかす」ことを見越して緩和ケアの稲垣に「ウチの若いのが面倒かけると思う~面倒はかけるが迷惑はかけない」と。……結局「迷惑」かけてましたが。森井の頭ゴツンは稲垣先生も引くほど痛そうでしたが、岸先生の”愛”を感じました。

そして、まさかの「笑顔で患者を励ます」岸。あれ、先生のポリシーが……。 森井に暴れさせておいて自分がいいとこ持っていちゃったような……でも、とてもいいシーンでした。

 ***

最後に、しつこいですが、理想の終わり方は……小早川の曲「疾走」を宮崎(武井咲)がピアノで演奏しているのを笑顔で森井&小早川が見ている(聴いている)~ENDです。そうしていただきたかった!

<*台詞は意訳です。>

おまけ情報……稲垣医師が登場した時「え、救急の先生じゃないの?」って思った人~それ「コウノドリ」です!

★次

2016冬ドラマ・「フラジャイル」第6話・ネタバレあらすじ - ハルコ日和別館・ドラマ&CM