読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「美女と男子」第11話感想

遼(町田啓太)とドラマで共演中の かれん(吉岡里帆)がキスをしている写真が週刊誌に掲載された。マスコミの熱愛報道が加熱する中、一子(仲間由紀恵)右京(中山麻聖)は遼の軽率な行動を非難するのだが……。

f:id:haruko416:20150624075438j:plain

(*スキャンダル~イメージ)

<*ネタバレあり約2分で読めます。

遼は「別に付き合ってないし」って感じで堂々としすぎでした。外に出るのにサングラス・帽子・マスク等一切なしってあり得ないです^^; 少しは芸能人の自覚がないとヤバイです。

今回一番の見所は(私的には)、社長・石野(前川泰之)のカッコよさ。かれんの事務所(ヤ○ザみたいなw)へ出向いた時は一子の目の前でひすら平身低頭で、それでも「カッコいい~(〃∇〃)」と思いました。

スキャンダルを逆手に取ったやり方は”ありがち”で汚い印象ですが、彼の場合は一子に話していた通り、「遼や右京を役者として成長させるための策」ということで、この点も◎。そのことに気付いた一子に「そんなんじゃないよー」みたいに軽い返しをするのもアリかなとは思いましたが、ストレートに「社長として皆を守らなければならない」と語ってしまうから、もう(〃∇〃)……一子&視聴者のハート鷲掴みですよ。

*** ***

遼と右京の役者対決もイイ感じでした。お互いに相手の「自分にはないいいところ」を見つけて「あいつには敵わないかも」と思うまでになったのは驚きです。

右京の迫真の演技(かのん演じるヒロインへの告白シーン)は実は「役でなく自分」だったため、右京は遼の「役者として好きでもない相手とキスできる」ことを凄いと感じ、は右京の感情表現に圧倒され(本気だからだったんですがw)、自分には「感情がない」のではないかと悩みます。これって、かなりの成長ですよね?

互いに「大きな勘違い」をしつつ(あえて教えない一子ナイス!)ではありますが、良きライバルとして認め合い、最後には「スナック・ハロー」ですっかり仲良しになった二人の姿が微笑ましかったです。特に右京は一皮も二皮もむけた感じ~これからは悪い女に気をつけて頑張れ!

*** ***

さて、今後は……

遼が一子と石野の関係に嫉妬?

右京、役者として壁にぶつかる?

一子もマネージャーとして壁にぶつかる?

並木(森本レオ)の潜伏先も気になるし、大門(東幹久)のインチキ台湾アイドルユニットもどうなるんだか……二部、やっと面白くなってきたかもです!

★前(*10話の記事はありません)

「美女と男子」第9話感想 - ハルコ日和別館・ドラマ&CM