読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「美女と男子」第7話感想

夫・啓吾(瀬川亮)と妹・梨花(徳永えり)の関係を知ってしまった一子(仲間由紀恵)はショックのあまり仕事も手に付かない。また、遼(町田啓太)にはハリウッド資本の映画出演の話が舞い込むのだが……。

ネタバレ含む約1分で読めます。>

今回は笑いどころも殆ど無く、モヤッとしたまま終わってしまったという感じ。全20回なので「ちょっと休む」の回だったのかなぁ(民放ではそんなことしたら命取りだよw)。

*** ***

並木(森本レオ)と旧知の仲だという映画プロデューサー(伊吹吾郎)が中国人プロデューサーを伴って持ち込んだ映画の話。コレ、出資依頼の話が出た瞬間に視聴者のほとんどが「詐欺だから!!」と突っ込んだと思うんですよ、開始から10分ちょいのところで。なのに、なぜ誰も怪しまないのだ!?経理の由実(黒坂真美)は反対したけれど、それは別の理由(借入金の返済期限が迫っているから)だし。キャリアウーマン一子は夫&妹の不倫発覚で判断能力が激落ちしていたのかしら??にしても、気付くよね……。

*** ***

一子と家族のゴタゴタドロドロも今回は嫌な感じだけで終わってしまいました。啓吾が可哀想すぎ。普段から我慢し続けていて、その姿を梨花はずっと見ていて。二人とも「プライドの高い一子に見下され続けて悔しくて情けなくて」といった共通点があったから、こんなことになってしまったのでしょう。

夫と妹が本音を吐き出したにも関わらず、一子は二人を責めるだけ。自分だけが被害者顔という残念っぷりにビックリ。だいたい今まで妻・母親らしい顔が見えませんでしたからね……。

f:id:haruko416:20150527092043p:plain

唯一の救いは”出番が少なかった”遼が自分の経験から「子供の心配」をしてくれたことと、出演作のセリフが一子へのメッセージになっていたところ~過ちに気付いても何もしなかったから取り返しのつかないことに~遼の言葉は一子に届いていたように見えました。

*** ***

「取り返しの付かないこと」、もうひとつ。石野(前川泰之)に言われて初めて「詐欺かも」と気付くも時既に遅し、並木社長は2000万円を振り込んだ直後ww 一子も”通常営業”ならもっと早く彼に相談しただろうに。

石野は遼の可能性に早くから気付いて、一子の頑張りも認めて助言してくれて。で、ひのでプロみたいな弱小事務所にいたんじゃなぁ……と、二人を新しく立ち上げる新しいプロダクションに誘ってくれるという……なんていい人!!でも、ま、行かないのでしょうけどね。石野がずっとこのままイイ人キャラなのかが気になります。

*** ***

次回は面白そうですよ!!

遼が「ヒーローもの」主役に決定!新人俳優の王道じゃないですかっ♪もしや、これで借金返済できちゃう??楽しみです。

★次

「美女と男子」第8話感想 - ハルコ日和別館・ドラマ&CM

★前

「美女と男子」第6話感想 - ハルコ日和別館・ドラマ&CM