ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「美女と男子」第4話までの感想~ダサ面白いドラマです。

*ネタバレ有

<約3分で読めます。>

”ドン引き要素”満載

まずはタイトルで「無理ww」と視聴候補から外した人が多いでしょう。OP(*出演者がバンドとして登場~仲間由紀恵は浜崎あゆみの歌に合わせて口パク&おそらく高橋ジョージ以外はエア演奏)で「なんじゃこりゃ!?」とチャンネルを変えた人、沢渡一子(仲間由紀恵)向坂遼(町田啓太)をスカウトした時の「私と一緒にレッドカーペットを歩かない?」で口ポカーンになった人……そうして初回脱落した人も多いでしょう。私もしかけました。でも、見続けて良かったです。相変わらず安定のダサさですが、だんだん面白くなってきました!

「業界モノ」に当たりなし?

「芸能界での成功物語」って、私の記憶では当たり(私の基準で)がないんですよね。最初から見る気にならないか、途中脱落してしまって。たぶん、「リアル」の見せ加減が難しくて面白くできないからだろうと思うんですけど。(報道関係は結構当たりがありますが。)

「とにかく芝居全般が好き(興味がある)」人向けかもしれない

このドラマは直球の「業界モノ」。しかも、役者&マネージャー共に「やる気のないド素人」からのスタートで、プロダクションは超弱小。芸能界のことなど全くわからない一子が泥臭い営業をしてやっと掴んだ仕事はエキストラ再現ドラマ

興味がない人にとっては「ふーん」でしょうが、好きな人にとっては「撮影現場(裏側)を見る」というのは楽しいのものなのです。私もドラマのエキストラに(3回だけですが)参加したことがあり、このドラマで描かれていた撮影現場の人の動きはかなりリアルだと感じました。

2話の時代劇3話のサスペンスドラマの現場(キャラ等の設定は大げさにしてありましたが)共に丁寧に描かれていて見応えがありました。が、それほど興味が無い人には「長い」と感じられたかも。4話の「再現ドラマ」は「あんな感じで撮影しているんだろうなー」と興味深く見ることができました~一発屋・たどころ晋也(高橋ジョージ)の”捨て身”加減に脱帽……まさに「涙のハローマイラブ!」。

脇の人々が魅力的

一子と遼は共に「人として問題アリ」。そのため、「芸能界でトップを目指す」と同時に「人として成長する」姿が描かれていくでしょう。芸能界での一期一会だけでなく、弱小プロの社長&タレントたちや一子の家族との関係も見どころ。

「ひのでプロ」所属のタレントたちと社長&事務のお姉さんは、新参者なのに態度のデカい一子と遼を温かく見守っていて、彼らの登場シーンがほのぼのして好きです。初回では”ドン引き要素”でしかなかったのが嘘みたい。

一子の夫は「マスオさん」状態で、気の強い一子に頭が上がらず可愛そう……と思っていたら、浮気してました。これはいつバレるのか?あと、認知症の父が何かやらかしそう。仕事一筋で家庭を顧みなかったツケがドーンと一子を襲うことでしょう……ドキドキ。

全20話なので長い目で見守ろう

そうです。全20話!!NHKの気合を感じますね。まだ1/5しか終わっていません。一話完結型で進んでいますし、小難しさがないので途中から見てもついていけると思います。遼がやっと本気を出してきたのでこれからますます面白くなるはず!

口数の少ない遼ですが、心の動きが表情から伝わってきます。4話の最後では「俳優の仕事続けるから」とハッキリ宣言。そして、何となくわかってはいましたが「斑目社長(草刈正雄)の息子」であることも判明。

「遼=町田啓太の役者としての成長を見守る」という見方もアリ!次回は「舞台(演劇)」に挑戦するようで、今度は何をやらかすのか楽しみです……あ、そうそう、同じ舞台でも「ミュージカル」は絶対無理ですもんねww*1

 

美女と男子

美女と男子

 

 ★次

「美女と男子」第5話感想 - ハルコ日和別館・ドラマ&CM

*1:遼が”音痴”だったため4話の再現ドラマでの「ハローマイラブ」は吹き替えで放送された。