ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「Dr.倫太郎」第1話感想

*ネタバレ有

主演:堺雅人×脚本:中園ミホで「精神科医の物語」…シリアスかコメディーか?全く見当がつかぬまま視聴しましたが、どちらの要素もあり、”謎”の部分も多く、かなり楽しみなドラマです!

f:id:haruko416:20150416063752p:plain

<*この記事は 約2分 で読めます。>

気になりつつも見逃した方のために、ざっくりと雰囲気を…

奥田英朗原作の「Dr.伊良部シリーズ」「Dr.コトー診療所」+α

伝わったでしょうか^^;

*** ***

主人公・倫太郎(堺雅人)は、伊良部に負けず劣らず「トンデモ精神科医」の要素がありつつも「患者の心にとことん寄り添う」医師。そして、男前なのでなかなかモテる…。

(中園脚本らしく)設定にツッコミどころ(例:大学病院で一人の患者に50分かけるなんてあり得ないetc.)が多いのに、それを気にせずに見ることができそうです^^

*** ***

展開としては、毎回”迷える子羊”=ゲスト患者の問題を解決しながら、大学病院ならではの人間関係のしがらみからは上手く逃げつつ、気になる存在…芸者の夢乃(蒼井優)に惹かれ彼女の抱える闇に巻き込まれ、倫太郎自身がずっと抱えている問題が明らかにされていく…という感じになると思います。

夢乃は謎だらけです。何となく「金銭トラブル」「二重(多重)人格」が疑われます…危険!でも、すごく魅力的。「「恋愛とは一過性の精神疾患のような状態である」が信条の倫太郎、危うし。

*** ***

初回のゲスト患者はOLの繭子(近藤春菜)。ビルの屋上から飛び降りようとしていたところを たまたま通りかかった 倫太郎に助けられました。彼女は会社での「いじめ」から「うつ状態」になっていたのです。

倫太郎が使った意外な小道具…それは「氷」~手のひらの氷は冷たすぎて痛いけれど、溶ける~痛みは必ず去っていく…と。自分を責めリストカットを繰り返していた繭子に倫太郎は「あなたには悪いところなんてありません。あなたを傷つけた同僚たちはあなたに嫉妬していたのです」と優しく語りかけるのでした。

*** ***

報道長官の池(石橋蓮司)は毎回出てきそう。苦虫を噛み潰したような顔が倫太郎の前では子供のようになるのが面白いww

倫太郎を取り巻く人々も個性豊かです。変わり者の主人公は「周りが敵だらけ」になりがちですが、彼には味方がちゃんといるので見ていて安心。敵か味方かわからない人たちも今後の動きが気になっていい感じです。

*** ***

「精神科」の話はドラマの場合、Dr.伊良部ぐらい突き抜けたキャラのコメディーにでもしないと面白くならないと思っていましたが、これは今までにない好例になりそうな予感!期待してます^^