ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「デート~恋とはどんなものかしら~」第6話ネタバレ感想

お正月、藪下家では 爽やかスポーツマンvsニート~鷲尾vs巧「依子をめぐる闘い」が繰り広げられた。圧倒的に不利な巧は…

f:id:haruko416:20150224124001j:plain

(イメージ:おせち)

<*この記事は 約3分 で読めます。>

■1月3日~巧、藪下家を訪問~いいとこなし

依子(杏)と結婚するため、電車を乗り継ぎフラフラになりながらどうにか藪下家に到着した巧(長谷川博己)

全員和装の藪下家一同~依子&父・俊雄(松重豊)、叔父&叔母を前に疲れと緊張でいきなりトイレへGo!からの不安なスタートww ライバル・鷲尾(中島裕翔)が爽やかに、しかも和装で登場し、バトル…とはいえないぐらいに巧が惨敗(T_T)

<巧の”やらかしたこと”>

  • 新年の挨拶もそこそこに吐き気をもよおしトイレへ
  • 俊雄の「映画の知識」をバカにしてしまい
  • 百人一首では一枚も取れず
  • シャンパンの栓を開けようとして栓が吹っ飛び、俊雄のトロフィーを破壊
  • 叔父のペット・太郎(ヘビ)を死の淵に追いやる

…悲惨。

巧「人生は地獄よりも地獄的であるby芥川」…うん、たしかにこの状況はw

映画と百人一首はポイントを稼ぐチャンスだったのになぁ…。ヘビは、運が悪いとしか言えない…鷲尾も雑煮を作っていたのに巧の時に出てきちゃったw

鷲尾は元々有利な上に、宗太郎(松尾諭)から情報を仕入れていたのですよね^^; 宗太郎は何でこんなことをするのでしょう?ただ面白いから?奥さんとうまくいってないから?妹・佳織(国仲涼子)のため??前回から急に「腹黒フィクサー」化した理由が謎…。

■巧を救った「お雑煮」の秘密

木刀を持ち険しい表情の俊雄に追われるように河原へやって来た巧。だが、俊雄は怒っていたわけではなかった。巧に木刀を渡し、素振りを指導しながら、亡くなった妻・小夜子(和久井映見)と依子の話をする俊雄…。

小夜子は本当に優秀な数学者で、志半ばでガンで亡くなった。当時12歳の依子は、落ち込む俊雄を「人は粒子でできているの。お母さんの粒子は気体になって今もここにいる」と励ましたという。そして、母が解けなかった問題を解こうと同じ道を進んだけれど、母には敵わないとわかり、国家公務員になった。

***

「粒子」か…そう考えると悲しくないのか。頭が良すぎる人の思考は何だかスゴイな^^; いい話ではあるのだけれど、やっぱり私は親しい人が亡くなったら普通に泣きます…。

小夜子は依子に「父の好きな料理のレシピ」を残しました。俊雄の言うように学者になるより女性として普通に幸せになってほしかったのかなぁ…。その中の「お雑煮」の作り方を依子が巧に教えていて、1回目はヘビで台無しになりましたが、2回目は大成功!依子も最初の時しかできなかった「母の味」を見事に再現し、俊雄と依子を泣かせたのです(依子は号泣)。

やさしいイラストポストカード 雑煮

なぜこんな奇跡的なことができたかというと…

  1. 小夜子が亡くなって初めての正月に依子がレシピ通りに雑煮を作った。
  2. 小夜子の味を完全に再現しており、俊雄は喜んだが、依子は泣いてしまう。
  3. 依子を泣かせたくない俊雄はレシピを改ざんする。
  4. レシピの数字が変わっていることに依子は気付くが、気付かないふりをして毎年「改ざんレシピ」で雑煮を作り続けた。
  5. 依子は巧に「元のレシピ」を教えた。

…藪下家の父娘愛が素晴らしすぎる(T_T)

依子は「君には心がない」と今までに14回も言われた…というエピソードがありましたが、心あります!わかりにくいだけです^^;

巧のお雑煮が大成功したのは、依子の心+巧の心があってのことだと思います。レシピが完璧でも心がこもってない料理は美味しくならないはずですから^^

***

俊雄に見送られ、一緒に近所の神社へ初詣。絵馬に書いた言葉は…

巧「彼女と結婚できますように」

依子「世界平和」

…依子の願い、スケール大きすぎ…m(__)m…

 

次回は、巧の母が入院・父が登場!結婚契約書?さてさてどうなる~

★次(*感想だけです。)

「デート~恋とはどんなものかしら~」第7話感想 - 小心者の気になる芸能ニュース

★前

「デート~恋とはどんなものかしら~」第5話ネタバレと感想 - 小心者の気になる芸能ニュース