ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「問題のあるレストラン」第6話ネタバレ感想

結実(二階堂ふみ)が出戻り、藍里(高畑充希)もついに仲間入り♪そして、謎多き女・奈々美(YOU)は「人生の悲しくて辛くて嫌なものが集まってる”本業”」への復帰を決意!~問題だらけ傷だらけな女たちのレストラン、ビストロ・フー本格始動!!

 ♪テテテテ~という軽快なイントロで”戦闘モード”スイッチオン!気合い入れのシメは、どっかーん!

もんだいガール(初回限定盤)(DVD付)

もんだいガール(初回限定盤)(DVD付)

 

 <*この記事は 約3分 で読めます。>

●奈々美の本業は弁護士!!

奈々美「復讐って怒るだけじゃできない。ちゃんと楽しく綺麗に生きることも復讐になる。田中は楽しく綺麗に生きることを目指しなさい。私は怒る方をやる。」

あの声で淡々と優しく強く語る…決意表明、聞き入りました、惚れました…。

頭の良さ・人脈の広さは十分わかっていましたが、弁護士でしたか!たんぽぽコーヒー吹き出すとこでしたよ^^; 10年間休業…担当した女性(おそらく性犯罪等の被害者)を救えなかったから…優しすぎたのかな、泥の中で闘うには。

彼女の正義感がたま子(真木よう子)たちとの出会いで覚醒したのですね!五月(菊池亜希子)を救ってくれるんだ、そういう流れなんだ、わーい!!と、意外な展開に嬉しいのと同時に不安。奈々美も少し触れてましたが、この手の訴訟って、被害者がさらに傷を負うことが少なくないのですよ。

(*極端な例ですけど)私が「そういうこと」を初めて知って衝撃を受けた作品↓

告発の行方 [DVD]

告発の行方 [DVD]

 

だから、訴えなかったり、訴えを取り下げるケースが多い、泣き寝入りする女性が多いのです。辛い展開になると思いますが、五月が奈々美と、たま子たちと一緒に闘って「勝訴」してくれることを祈ります!!←ちょっと気が早いかな^^;

●たま子と門司は近づいて離れて…

門司(東出昌大)は、料理バカですねw 試作を重ねたポトフは、たま子に「心がこもっている」と合格点をもらい、二人はいい感じに。が、そう簡単にはいかなかった…。

信じがたいほどの超・自己中男。まず俺、次、半径1m以内の奴…みたいな感じ。たま子は五月の話をしようとしてやめたようですが、正解です。たぶん「俺には関係ない」って言われるから。

でも、門司にも良い所はある。それは「女の長い話を聞くことができる男」だということ。たま子の「ビニール傘泥棒の話」も藍里のどーでもい話も途中で遮ることなく聞いていた=最後まで言わせていました(これ、ポイント高い)。たま子は彼の嫁にはならないと思う、けど、お互いを認め合ういいライバルでいてほしいです。

●ゼネラルプロデューサー・結実、皿洗いからの再スタート

ゼネPとしての手腕はこれから見せてもらうとして、まずは洗い場担当。東大卒でもそこから。ファイト^^

結実の真面目さをバカにして笑った六本木の勘違いバカども、ムカつきました。

「秒速で10億の損失出して消えろ、バーカ」

「呪いのしゃもじ」に書いて、あの箱に入れて送りつけてやりたいですね!

結実「一度も好きになってもらえないまま10万円で売られた女の子がテーマの曲ってありますか?」は悲しすぎ(T_T) 「あると思うよ」と優しく即答するたま子、大好き。

星野(菅田将暉)は底抜けにバカだけど、性根は腐ってないと思います。

たま子を通して伝えられた結実の言葉…

「ありがとう 嬉しかった 楽しかった 好きでした ありがとう」

彼の心にきっと、刺さったと思う、刺さらないわけないよね?

あのキレイな目は「悪いことをした」と気付いて反省してる目だって信じたいな…。

●キラキラ巻き髪女子・藍里の評価UP

今までイラッとするだけだった藍里の「女子的な物言い」を今回は痛快に感じている自分にビックリ。あれが彼女の闘い方なんだと思いました。考えてみると、彼女は誰の前でも態度が同じ(男の前で声が変わるような女ではない)。ウザさはあるが、嫌な女ではないと見直しました^^; 

そして、接客が素晴らしい(気配り上手)!即戦力です、というか、すでになってましたね。停電(ネズミのせい?)を逆手にとって団体客を呼びこむ営業力にも拍手です^^

池辺=ストーカー男=まずいケーキw は、九州にドッカーンと飛ばされました。めでたしめでたし。

●その他

ハイジの恋があっけなく終わったお話…「あれって必要??」と思いませんでしたか?別に前園さんは悪くなかったんですけど、どうせ呼ぶなら…きゃりーとか、石田純一&川島なお美とか(来店しただけで鏡子が「下ネタ」って騒ぐけどw)…関係ある人がよかったなー^^;

小娘三人組は「シューベルトのピアノソナタ」つながりで一気に仲良しに^^  公園での皆の表情、千佳(松岡茉優)「生きててよかったな、生きような」と他の二人がイヤホンをしている時につぶやいたとこ、静かに響きました、しみました…。

***

★次

「問題のあるレストラン」第7話ネタバレ感想 - 小心者の気になる芸能ニュース

★前

「問題のあるレストラン」第5話ネタバレと感想 - 小心者の気になる芸能ニュース