ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「問題のあるレストラン」第3話ネタバレ感想

千佳「料理めんどくさい、毎日めんどくさい、人間めんどくさい、地球めんどくさい」

やさぐれシェフ・千佳には想像を絶する悲しい過去があった…。

 

<*この記事は 約3分 で読めます。>

いよいよオープン

「bistro fou (ビストロ・フー)」オープンまであと半月ほど。そんな時、シェフの千佳(松岡茉優)は出て行ってしまう。たま子(真木よう子)が思いを込めて手渡したコックコートをズタズタに切り裂いて…。それでも千佳を責めることなく、ハイジ(安田顕)らと開店準備を進めていくたま子。

そして、ついに看板を出すだけの「サイレントオープン(プレオープン)」の日がやってきた。気合いを入れるたま子・ハイジ・鏡子(臼田あさ美)・結実(二階堂ふみ)の4人だったが…。

*** **

お揃いのユニフォームを着て、「一週間」の替え歌♪日曜日はいよいよオープン~テュリャテュリャ~と歌いながら楽しそうでしたね^^ でもなぁ…表参道で日曜日の夜にプレオープンって厳しいですよね?(月曜から仕事だから夜は人が少ない。)見てるだけで寒そうだし。軌道に乗るまで&暖かくなるまでランチ営業にすればいいのに…と思ってしまいましたw

千佳の過去

千佳はネットカフェのオンラインゲームで「カナブン」というプレイヤーを探し見つける~それは千佳の母(堀内敬子)だった。母と父・太郎(杉本哲太)と親子三人で食事をすることになり嬉しそうな千佳。

髪を金髪から黒髪に戻し、父のレストランへ向う千佳。だが、「三人でやりなおせるかもしれない」という彼女の淡い期待は無残に踏みにじられてしまう。

***

母は太郎に「千佳は引きこもってなどいない。引きこもりは私」と告白する。

家から一歩もでず、毎日「死にたい」と叫ぶ自分のために、千佳が小学生の頃から中学3年まで7年間、一日も欠かすことなく料理を作ってくれた。

自分が死ぬと言うと千佳は「私も死ぬ」と言った。だから千佳を捨てて家を出た…。

太郎はそんな元妻の話も上の空。外貨の値動きが気になって仕方ない様子。「また千佳と二人で暮らせばいいじゃないか」と言うのだった。

だが、それは無理だった…母は再婚するのだ。子供もできたという…。

*** ***

千佳の両親、毒親もいいとこです…。たま子は知っていたのかな?千佳と初めて会った時のことを「父親を殺そうとしていた」と言っていたし、千佳に対してすごく寛容だったから。雨木太郎、ホント…死ねばいいのに…って思いました。

母も無責任すぎる。そんな母に泣きそうな笑顔で「よかったね、おめでとう」と言った千佳が痛々しくて、これこそ…全米どころか、世界が泣く…ですよ!!

まだ小さい(小2~3ぐらい?)千佳が踏み台に上がって料理をする姿に涙。お米のとぎ方・みそ汁の作り方…教えてくれたのはママではなく、TVの料理番組…

ご飯を作ることは、野菜やお肉やお魚とおしゃべりをすることです。

ゴミが散乱する部屋で、彼女は泣きながら苦しみながら料理を作り、腕を上げた。大好きなママが死なないように。学校に行かなかったのも一人にするとママが死んでしまうから。

どんなに酷い親でも子供にとっては親…特に母親は。虐待(ネグレクトも含む)の原因が「親の引きこもり」であるケースは表面化しにくいけれど多いのかもしれないと考えさせられました…。

オープン~大波乱…

初めての客が来た…17人の団体客。厨房は戦場と化した。食器が割れ、作りかけの料理がこぼれ~もうグチャグチャ。途中から接客を手伝っていた奈々美(YOU)はたま子に「田中、無理だ」と声をかける…その時、千佳が。

両親とのことで苛立っていた千佳は、たま子たちに「カフェごっこ」などと次々に毒を吐く。ひと通り聞き終えたたま子は千佳に強い口調でこう言った…

「あなたの考えはわかった…でも、ここもレストランなの。喋る前に料理を作って!何でもいいから。」

千佳は伝票を手に取り、テキパキ指示を出し、見事な手さばきで料理を仕上げていく…無事、全ての料理を出すことができた。「また来ます」という客を「また、ぜひ」と見送るたま子。

*** ***

いきなり17人は…ねぇ。断ればよかったのに^^; 予約が必要なレベルでしょ?

今まで口をきかなかった千佳の毒舌…溜まりに溜まっていたものを吐き出したって感じ。スッキリするかもしれないけど、東大卒の役立たず(結実)には特に辛辣で可愛そうだったw けど、認めてるのが結実のいいところだなと思いました^^

***

そして、シェフ千佳が本気出すとスゴイ!!手際がいいだけじゃなく、指示の出し方が適切(o^-')b 他のスタッフも ”やればできる子” だということが判明。

千佳が店に戻ってきたきっかけは、門司(東出昌大)のポトフ(に使っていた新しいフォン)でしょうか?何かを感じ取った表情でした。気になります。

メインシェフも復帰し、いよいよこれから~かと思いきや、あれれ…しばらく休業…。どうなる?ビストロ・フー。

 ★次

「問題のあるレストラン」第4話感想 - 小心者の気になる芸能ニュース

★前

「問題のあるレストラン」第2話感想 - 小心者の気になる芸能ニュース