読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

映画「海月姫」感想~ネタバレなし、ステキ男子(蔵之介・シュウシュウ・花森さん)について

<*この記事は 約3分 で読めます。>

「面白そうだけどDVDが出てからでいいかな…」と思っている人、映画館で観られる環境にいるならそうしたほうがいいよ!…とウザいぐらいにおススメしたい作品です。

”笑いと涙と萌えの極上エンタテインメント”~まさにこのキャッチコピー通りですからっ!!

これから観る方も多いと思うので、ネタバレなしで(ふだん別ブログでネタバレばかり書いてるので自信ないですが)書いてみます。

オタク女子「尼~ず」にはもちろん共感できるし、他にも書きたいことがいっぱいの作品です。が、まとまらなくなるので、今回はあえて「男子」をpick up!

・蔵之介(菅田将暉)・シュウシュウ(長谷川博己)・花森(速水もこみち)

皆さんホントに素敵なんですよ~(*v.v)。

*画像は「映画:海月姫 公式サイトおよびFacebook」よりお借りしています。

◆鯉淵蔵之介(菅田将暉…すだ まさき)

この映画は彼(というか、彼女?)なくしては成り立たなかったと思います!!

月海(能年玲奈)と出会い、尼~ずたちと触れ合い、自分たちの世界に引きこもる彼女たちを叱咤激励しながら”聖地”である天水館(あまみずかん)を救う、ちょっと強引な「魔法使い」「女神」「もう一人のヒロイン」「ヒーロー」みたいな存在です。

f:id:haruko416:20150107120201p:plain

月海に”魔法”をかける蔵之介

”女装男子”なのですが、オネエではありません。ファッションが大好きなノーマル男子。女装は、(自分を母と引き離した)政治家である父(&男子世襲制)への反発でもあるのでしょう。喋り方は普通に男で一人称は「俺」。しかも、立派な「喉仏」!なのに気付かず、終盤まで「蔵子」と呼ぶ尼~ずの皆さんww

f:id:haruko416:20150107120136p:plain

女装してない時もキレイな蔵之介

「この映画、観たい→観よう!」のきっかけは彼。パルコのCMの記事を書く際に資料として海月姫の公式サイトを見て、その美しさに圧倒されたのです。映画の中でもほとんど女装!

(女性から見ても難易度の高い)ウエストを絞ったデザインのドレスを着て、高いヒール靴を履いて自然に歩く姿の裏には菅田くんの並々ならぬ努力があったのでした(10kg減量!その他にも…パンフを読んで感動&尊敬)。

原作者の東村アキコさんが女装した菅田くんにかけた言葉

「今まで見た人類で一番美しい」

…納得。

〈見どころ〉

全部!女より女らしい身のこなしと美しい横顔は必見。女装していることで逆に際立つ男らしい強さと優しさ、ピュアな月海に惹かれていく自分に戸惑う様子・表情がすごくいいので、じっくり見てください。きっとドキドキしますよ^^

◆鯉淵修(長谷川博己)

銀縁眼鏡キラーン☆一見とっつきにくい堅物に見えますが、実は月海と同様とってもピュアな愛すべきキャラクター。

あだ名は「シュウシュウ」。蔵之介の腹違いの兄。兄弟仲は良好。政治家の父の秘書を務める超エリートイケメンなのに…30歳を過ぎても童貞^^;

f:id:haruko416:20150107140526p:plain

月海へのプレゼントを持ってウロウロしてるシュウシュウ、かわいいww

蔵之介の”魔法”で美しく変身した月海(ワンピースにロングヘアー)に一目ぼれする修。普段の月海に全く気付かずスルーしてしまう場面では心底ガッカリ…。が、その後オタク姿の彼女の「目」で同一人物だと気付いてくれて、ホッ…。

「一目ぼれ」って「パッと見(外見)だけで好きになった」感じですよね?でも、一瞬で感じ取れることって結構あると思うのです。特に似た者同士って惹かれ合うのでは?修と月海はたぶんそう。

共に異性慣れしていない二人のぎこちないデート、大きなクラゲのぬいぐるみを持ってウロウロしている姿…とっても微笑ましかったです。

〈見どころ〉

・水族館で月海のリクエストに応えて”ある動き”をするところ。真面目な顔でやってるのでよけいに面白い^^;

・熱帯魚店の前で月海と「握手」するところ。この二人らしい、温かな気持ちになるシーンです。

◆花森よしお(速水もこみち)

修の幼なじみで鯉淵家の運転手。メルセデスベンツを愛しています。修のことをシュウシュウと呼ぶのは主に彼。

f:id:haruko416:20150107145855p:plain

白い手袋はメルセデスのため?(彼にとってメルセデスは”デリケートなレディ”)

謎が多いです。ただの運転手でないことだけは確かです^^; たぶん、何でもできる人です。口数は少ないのですが、ベンツが絡むと簡単に口を割りますw

おいしい役どころです。ホント、うまい具合にいいとこ持っていかれるのですよ^^; ネタバレになるので書けない…。

<見どころ>

・運転シーン(手袋にも注目!)

・クライマックスシーンでの見事なフォローっぷり(特技の披露)

*** ***

映画館を出てしばらく ♪ドゥンドゥン~な重低音と水族館をクラゲがゆらゆら~と、たくさんのキラキラしたシーンが頭の中に再現され続けました。本当に素敵な映画です。特に…「あー、もう女やめちゃおっかな~」な方、ぜひ観てください^^

 

海月姫 [DVD]

海月姫 [DVD]