ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「マルモのおきてスペシャル2014」ネタバレ感想

<*この記事は 約4分 で読めます。>

<*ネタバレしてます。>

あれから3年…双子たちは10歳(小4)になった。成長した二人と、良くも悪くも相変わらず "頑張りすぎて失敗ばかり" な親代わりのマルモの姿に笑って泣けるww

f:id:haruko416:20140929073153p:plain

結婚式の余興にて…設定は、アイドルとファン(オタク)、お見事!(*画像は番組公式サイトよりお借りしました。)

■あらすじ

それぞれの夢と悩み

”マルモ”こと高木護(阿部サダヲ)は定食屋・くじらの二階で、亡き親友の残した双子…笹倉薫(芦田愛菜)笹倉友樹(鈴木福)+喋る犬・ムック三人と一匹で本当の家族のように暮らしている。

小学4年生(10歳)になった薫と友樹は、学校で“自分物語”を書くという課題を与えられた。生まれてからの10年を振り返る…それは、二人にとって複雑な課題。時々会っている母親の青木あゆみ(鶴田真由)に自分たちの産まれた時のことを聞くことはできたのだが…。

薫には将来の夢があった…歌って踊れる“アイドル”!ダンス教室に通いたかったが、月謝の高さから護に却下される。そんな折、護の後輩の結婚式に出席した薫。披露宴の余興で友樹と披露した歌とダンスが芸能事務所のマネージャー(阪田マサノブ)の目にとまり名刺を渡される(=スカウト?)。

友樹

友樹は“虫”に夢中。学校では他の男子たちから完全に浮いた”ぼっち”状態だが気にする様子もない。そんな友樹に”初恋”到来…相手はクラスメイトのさくらちゃんだ。護に相談し、薫には内緒で作戦を立てるのだが…。

彩(比嘉愛未)とは「カニかま事件」が元でケンカ中。

勤務先・あけぼの文具では「副室長」に出世していた。友樹の初恋をきっかけにひらめいた「ラブラブレターセット」が商品化されることに。また、上司から海外勤務(マレーシア)の話も持ちかけられて…。

あゆみからの何気ない一言

私は母親に戻れているでしょうか?あの子たちとの距離は縮まっているでしょうか?

をきっかけに、双子の将来のためにはそろそろ二人をあゆみの元へ帰さなければならないのでは?と真剣に悩み始める。

f:id:haruko416:20140929113411p:plain

友樹が「(虫捕りの)師匠」と呼ぶおまわりさん(左・アンジャッシュ児島)…*番組公式サイトより

 

努力と挫折と空回り

薫は芸能事務所のレッスンに通うことになった。月謝24,000円の支出は厳しいが、護は薫の夢を全力で応援。初めて受けた映画のオーディションの最終選考まで残った薫だが、ある問題が…泣く芝居ができないらしい。必死で頑張ったが、結局不合格だった。

友樹は護のアドバイスを受け、ラブレターと一緒に「珍しい蝶の標本」をさくらちゃんに渡すが、標本は「気持ち悪い」と受け取られず。

護は、くじらのおやっさん(世良公則)にマレーシア勤務と双子を母親に返す決意を話す。それを聞いた彩は「何もわかってない!」と怒る。その会話は、たまたま近くにいた薫と友樹にも聞こえていた。

「ラブラブレターセット」はめでたく発売されたが、思わぬクレームが続出し、護は対応に追われる。

薫が参加したオーディションに「出来レース疑惑」が持ち上がり、護はマネージャーにくってかかり「出て行け!」と言われてしまう…薫も一緒にだ。

失意の三人は無言、重い空気…それを見つめる犬のムック。

 

■そういうことだったのか!…問題解決へ

仕事中の護に学校から電話が…友樹がクラスメイトにケガをさせたのだ。急いで駆け付け、土下座して謝る護。友樹にも謝るよう促すが、友樹は拒否。

次に護は芸能事務所へ向い、マネージャーに土下座。そこで、薫が「泣く場面で笑った」という事実を聞く。やり方があまりに強引で迷惑だったため、警察へ通報される護。

護が連れて行かれたのは、いつもの交番。「くじら」に連絡が入り、お咎めなしで帰された。

***

薫:マルモは私たちとお別れするから頑張りすぎたんだよ。それで失敗しちゃう。私の「自分物語」はマルモのことばっかり。友樹もそうでしょ?

は一人、土手で落ち込んでいた…二人のためどころか邪魔してる。自分が寂しいのをごまかしてるだけだ…。

そこへムックがやってきてこう言った…

薫も友樹も成長してる。お前は立派な父親だ。

ありがとうな、マモル

薫と友樹もやってきた。そして打ち明ける…

・友樹がクラスメイト(木村くん)を殴ったのは

「マルモと一緒に書いたラブレター」を笑われたから。僕のことはいいんだ。でも、マルモをバカにされるのは許せなかった。でも、木村くんには謝るよ。

・薫はオーディションの時

マルモのアドバイス通り「一番悲しかったこと=パパが死んだこと」を思い出そうとしたの。でも、すぐにマルモが出てきて、笑っちゃったんだ。

二人は完成した「自分物語」を護に見せる…見事に”マルモばっかり”だった。将来の姿も描かれていた。薫は結婚式、友樹はノーベル賞の授賞式…両方にマルモがいて、号泣していた。「これ、参観日で発表するんだろ??」と、泣き笑いの護。

薫&友樹マルモのおかげで10歳になったよ!!

「ずっとマルモといたい!」…抱き合う三人。見守るムックと彩。

f:id:haruko416:20140929123236p:plain

(*番組公式サイトより)

 

■あらすじの続きと感想

部屋に帰った三人に彩が差し入れを持ってきた。

カニチャーハン…

凍りつく三人。「カニかま事件」とは、カニチャーハンには「本物のカニ肉を入れる(彩)or カニかまを入れる(護)」ということが原因だったのだ。

彩に促されてチャーハンを口にする三人…

護:…カニかまだ!うまい!!

美味しそうにチャーハンを食べる三人。

***

護の海外行きはナシになった。護が断る前に上司が断っていたのだ。

「おきてノート」が復活した!そこに護が書いたのは…

失敗してからが家族

カニでもカニかまでもカニチャーハン

**

護は彩に渡すラブレターを書いた…徹夜して。

彩に「俺の今の気持ち、今読んでほしい」と渡す。

好きです。付き合ってください。

彩:ごめんなさい。

護・薫・友樹:えーーー!!!

彩:…結婚ならいいですよ。してあげます^^

護・薫・友樹・おやっさん・ムック:えーーーーー!!!!!

…めでたし、めでたし^^…

 

たまにはこういう”ほのぼの”したドラマ、いいなと思いました。事件モノとか、問題ありすぎ家族とか…なんか人間の”闇”とか”病み”ばっかり見るのは良くないかも^^;

3年経つの早いなぁ…。色々忘れてたよww

薫と友樹は変わらないようでいて、やっぱり変わってた。連ドラの時の映像が回想シーンで出てくると、二人とも小さいし、特に薫のクシャッとした笑顔・泣き顔が赤ちゃんみたいで、なんか泣きそうになりました^^;

えーと、勘違いでなければ、三人が一緒なのは「双子が5年生になる前まで」。海外勤務の話はなくなったけど、母親の元へ戻すというのは変わらないですよね。と、いうことは…続編ありますよね?たぶん。2015年の冬か春(ギリギリだけど)に放送かな?

あと、コレ…

f:id:haruko416:20140929131032p:plain

七味の姉御…ネタ的には面白いです。でもね、販売するのはどうなんだろ?マルモリダンスにも出てくるしww(*画像は番組公式サイトより)

 

回想シーンに頼りすぎず、それぞれの思いがわかるように丁寧に作られていて良かったです。続編も期待しています←あるという決めつけw フジテレビさん、やればできるじゃん(o^-')b

***

<個人的に覚えておきたい小ネタφ(.. ) >

・起床時の叫び声

護「たかまつじょー!!(高松城が水攻めされる夢をみた)」

友樹「カマキリー!!(…ゴメン、忘れたけど悪夢w)」

友樹に「オダギリジョー!!」って言ってほしかった←どんな悪夢?

・芸能事務所のマネージャーが怪しすぎて…

ずっと詐欺師だと疑ってたゴメン!

・護はガラケー

経済的に…なのか(T_T) CMで見た子供用のスマホ(玩具?)と比べちゃったよw

・マルモ(阿部サダヲ@舞台出身)が薫(芦田プロ@天才子役)にレッスンww

「あめ玉甘いな虫歯に注意!」

「柿の木クリの木食べ過ぎ注意!」

ダンスの基本はボックスだ!~エグザイルのChoo Choo TRAINのあのダンス( ´艸`)

 

★踊ってみよう!!…私は、世良さん@「くじら」のおやっさんのダンスにどうしても注目してしまうよ^^; ↓

【公式】「マルモのおきて」リニューアル主題歌を公開! - YouTube

 

*メモと記憶で書いております。セリフは意訳の部分があります。ご了承願います。