読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「家族狩り」第8話ネタバレ感想

<この記事は 約2分 で読めます。>

*ネタバレしてます。

f:id:haruko416:20140824200301p:plain

駒田の遺書に違和感を感じる游子(*番組公式サイトより画像お借りしました。)

 

■あらすじ

駒田、氷崎家へ侵入~逃走

游子(松雪泰子)への恨みから、駒田(岡田浩暉)は夜中に刃物を手に氷崎家へ侵入して逃亡。玲子(信太真妃)のために大事にしたくない游子だったが、警察は「殺人未遂事件」として捜査を開始。

TVを見た竣介(伊藤淳史)が心配して游子の職場を訪ねる。玲子も事件のことを知ってしまい「お父さんを許して下さい!」と泣いて頼むのだった。

芳沢家…1

威圧的な父・孝郎(二階堂智)と謝るだけの母・希久子(相築あきこ)を見て亜衣(中村ゆりか)「…ぶっ殺す」と呟き、父のパソコンに何か操作を…。

部屋で白アリを見つけた亜衣はそれを母親に見せる…狂ったように笑う母子。

馬見原逮捕される

元愛人・綾女(水野美紀)から連絡を受けた馬見原(遠藤憲一)は病院へ。研司油井(谷田歩)に突き落とされ入院したのだ。脳へのダメージで障害が残るかもしれない…綾女は泣き崩れる。

油井から呼び出されケリをつけるつもりで向った馬見原。だが、それは罠だった。知り合いのヤクザ・長峰の死体があり、馬見原はその犯人として逮捕されてしまう。

駒田死亡~游子、疑問を持つ

駒田を雇っていた白アリ駆除業者の大野(藤本隆宏)に話を聞きに行った游子。駒田は大野の自宅兼会社に住み込みで働いており、彼を紹介したのは葉子(財前直見)だった。

そんな折、警察から駒田が死体で発見されたとの連絡が…毒薬での自殺らしく、玲子あての遺書があったという。玲子を案じて游子が施設に向うと、玲子は遺書を読んだ後だった…「お父さんは自殺じゃない!殺されたんだ!!」…遺書を読んだ游子も疑念を抱く…おかあさんとあのよでまってる…おかしい、駒田の別れた妻は生きているのだ。

芳沢家…2

亜衣が父に絞殺されそうになっていた。亜衣が父のPCのデータを流出させ、取引先に英文で悪質なメールを送りつけていたのだ。母は葉子へ助けを求めて電話した。同じ頃、竣介には亜衣から「私も実森勇治みたいになるかも」というメールが届き、芳沢家に向うが、竣介は門前払いされてしまう。

両親をなだめた後、亜衣へ接触する葉子。だが、亜衣は葉子を信用せず…

バカか?ババア。こんな家族になんも期待してねえよ。全員殺してやる!

亜衣の部屋の前に白アリがいた。葉子はそれを手にして両親に話す…「家族を立て直すためにはまず白アリを駆除した方がいいかもしれません。」

 

■感想

*犯人=葉子・大野 という前提で書きます。駒田を殺したのも大野でしょう。

無表情で白アリ駆除を勧める葉子が怖かった~(>_<) おかしな話なんですよ。家族を立て直すために白アリ駆除ってww 幸せになりたかったら壺購入的な^^; でも、弱っていると「この人の話、変だ」って思えなくなるんでしょうね…コワイコワイ。

駒田の遺書から「他殺」を疑った游子は、自分の家に駒田が侵入した時の「密室状態」から「床下」→「白アリ駆除」と考えをすすめます。

うんうん、それは良いのだが…一人で大野の家に行くなー!!なぜ竣介を連れて行かないのだ??…ま、たしかに頼りないけども^^;一人よりマシですよね…。

***

大野の家と葉子の家が繋がっている?という驚愕の展開ww これが意味するものは…全くわかりません。大野は登場するのも遅かったので謎だらけだし、葉子も「子育てに失敗した」というざっくりした過去しか語られていません。

これからはこの二人の過去~なぜ「家族狩り」を始めたのか…という流れでしょうか。あと、游子を仲間にしようとする…かも?…重そう…でも、しっかり見ます!!

*メモと記憶で書いています。セリフは意訳部分がありますがご了承願います。