ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「家族狩り」第2話ネタバレ感想

<この記事は 約2.5分 で読めます。>

*ネタバレしてます。

「妻」たちの言葉が…重い。

民子:もう耐えられないのよ!このシミ、ニオイ、いびき…

佐和子:私は決めたの。あなたに「はい、わかりました」ってもう言わない。

f:id:haruko416:20140712115540p:plain

(*番組公式サイトより画像お借りしました。)

■あらすじ

●”一家無理心中”

世田谷の麻生家

近隣住民が悲鳴のような声に気付き、110番通報。日頃から麻生家の不登校の長男・達也の家庭内暴力の可能性を危惧していた地域担当の警察官がドア・窓を叩くも応答がないため、上の了承を得て玄関ドアを解錠し室内に入り遺体を発見した。

達也が斧で両親の後頭部を一撃し、祖父は(おそらくショックのため)急性心不全で死亡。達也自身はカッターナイフで頸動脈を切り死亡。達也の部屋にあった”遺書”は本人のものと鑑定された。

馬見原のこだわり

警視庁捜査一課の馬見原(遠藤憲一)は「子が親の頭を何のためらいもなく斧でかち割れるだろうか?」という疑問と、大森・赤羽・世田谷全ての現場に共通点があることから、外部の者による犯行を考え、合同捜査本部の設置を提案するも却下された。だが、諦めきれず、部下の椎村(平岡祐太)と共に独自に捜査をすすめ、氷崎游子(松雪泰子)と三家族の接点を見つける。

●游子の家族と仕事

父をホームへ…

游子の父・清太郎(井上真樹夫)が大事にしていた掛け軸を(男性用の)便器だと思い用をたすようになってしまった。介護疲れが限界に達した母・民子(浅田美代子)は、清太郎を北海道のホームへ預けようと言い出す。

徘徊中の清太郎に遭遇した竣介(伊藤淳史)渓徳(北川宏光)は、三人でマージャンを楽しんだ後、氷崎家へ~清太郎のマージャン・将棋の強さなどから「この人は絶対ボケてない!」「家の中に閉じ込められてたら刺激が少なくて誰でもボケちゃうんじゃないですか?」と二人は言うのだった。

保護した女児とその父親

アル中で暴力をふるう父・駒田幸一(岡田浩暉)から游子によって保護された玲子(信太真妃)。施設で元気に暮らしているようだったが、突然行方不明に…おりしも、何者かによって幸一が暴れている動画がネットに公開され騒動になっていた(幸一は勤務先を解雇された)。游子は「玲子は部屋で父を待っている」と確信、その通り、玲子はひとりアパートの部屋で眠っていた。

●馬見原の家族と”守りたい人”

馬見原の妻・佐和子(秋山菜津子)は息子が事故死した後、精神を病み入院していた。その佐和子が退院することになり、馬見原は医師に呼ばれて病院へ。派手な服装に髪型…性格が変わったかに見える妻に動揺する馬見原。

病院には結婚して花屋を営む娘の石倉真弓(篠田麻里子)も来ており、佐和子を自分が引き取ると主張し、医師もそれをすすめたが、佐和子が選んだのは頻繁に面会に来ていた娘ではなく2年間ただの一度も顔を出さなかった夫であった。

馬見原には実の家族以外に、守りたい大切な”家族”がいた。DVで服役中の元夫がいる冬島綾女(水野美紀)とその息子・研司だ。幼い研司は馬見原になついて「お父さん」と呼んでいる。

綾女の元夫・油井が予定より早く出所したことがわかり、綾女たちを案じた馬見原は家を飛び出そうとしたが、佐和子に強く引き止められた。

■感想

色々ありすぎて…

冒頭の二人の妻の叫び。立場は違いますが、ずっと我慢してきたことを吐き出しています。過酷な介護、警察官の妻として振る舞うことに疲れ果て、自由を求めた二人。ただ、民子は夫を「捨てようとしている」ように思われ(北海道のホームは怪しすぎ!!)、佐和子には夫への「恨み~復讐」が感じられるので怖いです…。

***

 ”頭の霧が晴れた" 清太郎の言葉(遺言)~游子へ「私を捨てて好きに生きろ」民子へ「再婚して幸せになりなさい」。北海道のホームの話をしている時も霧が晴れていたのですね…自分が ”捨てられる” ことを覚悟しての ”最後の徘徊” に出ていたのだとしたら悲しすぎる…。ホームに入るにしても、あそこは絶対ダメです!怪しさ100%ww 他を探してーー(>_<)

メモφ(.. ) …認知症になっても常にボケてるわけじゃない。会話等に気をつけるべし!

***

馬見原にちょっとガッカリ…人物相関図で気にかけてる親子がいることは知っていましたが、ちょ…一緒に温泉行っちゃダメでしょ!!奥さんを娘が引き取るって言った時もホッとしてるように見えたし…。

***

一家心中(仮)があった三家族の携帯電話のアドレス帳に共通する番号があり、登録名はバラバラだが、それは游子の番号!麻生家の献花台にも游子の姿が。馬見原はますます游子を怪しむようになりますが、私は違うと思ってます…。

甘い匂いの他に薬品のようなニオイ…薬品~消毒液~介護??まさかの 霧が晴れた状態の清太郎 犯人説 を考えてしまいましたが、それはないか(現場が点在してますもんね)^^;

*メモと記憶で書いています。特にセリフは意訳している部分がありますが、ご了承願います。