読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「弱くても勝てます」第2話ネタバレ感想

*ネタバレあり。

野球部顧問となった青志(二宮和也は「へっぽこ」たちが抱える問題に直面。自分のトラウマとなった人物・谷内田(市川海老蔵とも再会…

f:id:haruko416:20140420061935p:plain

メジャーリーグを目指しながら何故か城徳に入学した白尾(中島裕翔)(*番組公式サイトより画像お借りしました。)

 

青志が独自のセオリーを実践しようと動き出しました!スポーツ紙の記者・璃子(麻生久美子「弱くても勝てる」という記事のため、城東高校にちょくちょく取材に訪れます。が、なかなか先に進まない…。

●小さな恋

白尾が強豪校である堂東学院のスカウトを断って城徳に入ったのは、柚子(有村架純が好きだから(*v.v)。 甲子園に連れて行って柚子の最高の笑顔が見たい~くぅーww でも、柚子は赤岩(福士蒼汰が好きなんだなぁ…青春だねぇ。

●白井、青志に反発する

青志の「普通じゃない」やり方に白尾は猛反発し、野球部を出て行こうとします。うん、たしかに気持ちはわからなくもないなと^^;

ポジションを決めよう~「俺が」が大事

ボールのキャッチもまともにできない部員がほとんどで、なんと「ポジション」すら決まっていなかった^^; 唯一野球のできる白尾が「その日の部員の状態」できめているというww 気の弱そうな江波戸(山崎賢人がキャプテンなのも白尾が決めたからだったのね^^;

ということなので、青志は独断と偏見で 悩まないポジション決め を実行。

  • 送球が安定している…ピッチャー
  • 送球がそこそこ安定している…内野
  • それ以外…外野

…ざっくりしすぎやろ( ´艸`)

ピッチャーは赤岩に決定で、あとは本人の希望で決めようとするんだけど、自主性というか自信のないへっぽこ部員たちは白尾に決めてもらおうとする…やれやれ。

そこで、青志先生から今回の名言が…

俺は じゃなくて 俺が! だ。

赤岩が「いや、それ言い方の問題じゃ…」って2回突っ込んでましたけどね^^;

でも、確かに「が」のほうが強く言えますわ、やってみましたが。「俺が俺がは今だけなんだ」も納得。大人になってからはこれじゃ嫌われます^^;

前回も思ったのですが、青志って理系の人だけど、文系の要素もかなり持ってますね。バランスがとれていて良い感じです♪

で、めでたくポジション決定!

●青志の因縁の相手

「ライバル」とはいえないけれど、青志が野球をやめた原因はこの人みたい…

f:id:haruko416:20140420074741p:plain

堂東のコーチになった谷内田 (*公式サイトより画像お借りしました。)

「もう昔の自分を反省しない」と言った青志ですが、去り方が「逃げてる」感じに見えました。そう簡単に忘れられないよね…谷内田、近距離で肩が痛くなるほどの球を投げるのは大人げないですww

●いじめっ子といじめられっ子

江波戸は練習中妙な動きをしていました。青志はその原因を牛丸(柳俊太郎)から聞きます~中学の頃、江波戸は岡留(間宮祥太朗)にいじめられていたのです(陰湿ないじめではなく、ジャイアンのび太的な)。そのため、岡留から逃げていたのですね^^; この件について青志がとった策は …

江波戸が岡留を怖がらなくなるまで皆で二人を近づけないようにしろ。

でした。「はぁ?」って感じですが、素直なへっぽこたちは受け入れました^^ 

●白尾vs青志

青志は自分のセオリーが正しいことを証明するため白尾と対決。赤岩が三回投げて、白尾がホームランを打てば白尾の勝ち。結果は…

思いっきりのホームラン☆しかも予告ホームラン

赤岩の球って素人目にもすごく打ちやすそうw …加減しようよ、白尾^^;

でも、この対決中にいいことが。キャッチャーになった江波戸がミスをした岡留に大声で「ドンマーイ」と!うん、いいね(o^-')b

青志の負け(T_T)でしたが、へっぽこたちは青志にやめないでくれと懇願~なんてイイ子たちなの!!ちなみに、監督から部長に昇格?の増本(荒川良々の存在は軽くスルーw 「先生が残るなら俺がやめる」と言う白尾を止めたのは”キャプテン”江波戸でした~「俺がキャプテンだから」おー、キャプテンらしくなってるぞ。もう岡留も怖くないね^^

チームがまとまった!次回からいよいよ野球らしくなるのか!?

***** ***** *****

<個人的に印象に残ったこと>

「来い」も「来るな」も等しく強い気持ちには違いない!
だから心の底から打球が来てほしくないんだったら思いっきり「来るな!」って叫べばいい。
それは自ら勝負を仕掛けたことになる。

…なるほど。この発想はなかったなぁ^^;

 

*録画・メモなしで記憶を頼りに書きました。そのため、特にセリフは実際とは違う(意訳)の場合があります。ご了承願います。