ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「SMOKING GUN~決定的証拠~」第1話感想

*ネタバレあり

f:id:haruko416:20140410133032p:plain

火災現場にて~流田縁(香取慎吾*番組公式サイトより画像お借りしました。

 

初回ということで、縁の過去を冒頭にちょっと。あとは、彼の勤務先~千代田真紀(鈴木保奈美が所長を務める民間の科捜研「千代田化学捜査研究所」の顔触れ紹介~新メンバーとして石巻桜子(西内まりやが加わるまでを、桜子が持ち込んだ案件を調査しながら描いていました。

「自殺として処理されていた火事が実は事故によるものだった」という結末は「まぁ、そうじゃないと困るわな^^;」で、捜査方法も目新しいものではなさそうでした。現場を何度も見て、”何か”に気付くかどうかが決め手で、縁はその点で優れているのでしょうね。

主人公が変人ではなく(ドーナツは食べすぎw)、調査も単独でなく「チーム」でやっている点、そのチームの家族的な温かさがいい感じでした(o^-')b 桜子が加わったことにより、チームに”華”が加わったかな?彼女のキャラクターに非常に好感が持てました^^ 

縁の恋人エミリ(倉科カナが殺害された3年前の事件の真相はまだ謎だらけ、縁のボス&同僚たちも実は何かを抱えた人たちみたい…裏番組が気になりつつ、キープかなぁ^^;