ハルコ日和別館・ドラマ&CM

昭和生まれのテレビっ子が、ドラマの備忘録を書いたり、お気に入りのCM動画を紹介したりするブログです。

「相棒12」#17~ヒーロー あらすじ&感想

*ネタバレありです。

今回は騙されたなぁ~いい意味で です。
f:id:haruko416:20140305172158p:plain

 弁護士の麗子と右京&享(*番組公式サイトより画像お借りしました。)

 

はじまり

 ある日のこと、うなぎ屋での食事後、右京(水谷豊享(成宮寛貴は焦げくさいニオイから近所で火事が起きていることに気付き現場に駆け付ける。ビルに取り残された女性が若い男性に救い出されたところだった。救出されたのは弁護士の麗子(松尾れい子。若者はその場から姿を消していた。
 「お礼がしたい」という麗子。現場に残された銭湯の手ぬぐいから右京たちは彼を見つけるが、「俺じゃない」と逃げられてしまう。

展開1
 件の青年は「ヒーロー」として報道された。右京と享は麗子の事務所へ彼に逃げられたことを報告に行く。そこへ麗子を助けたという人物から電話が。
 麗子と右京たちが電話の主、竜也(岸田タツヤ)のアパートへ行くと、帰り際に捜査一課の伊丹(川原和久)芹沢がやってきた。捜一は殺人事件の捜査中。被害者はIT企業・メディアステップの部長・轟(大内厚雄)。彼の携帯の最後の着信履歴の番号が竜也のものだったため、事情を聞きに来たという。
 竜也の行動と部屋の様子から「嘘」のニオイに気付く右京。竜也はヒーローなのか、それとも…。

展開2

 轟が以前勤めていた会社は、リゾート企画会社・スターリゾートで、彼はそこでは平社員だった。それが現在の会社ではいきなり部長。実は両者とも沼田という同一人物が社長を務めていた。

 スターリゾートは数年前に伊豆で死亡事故を起こしており、その直後に轟は部長になっていた。また、事故の訴訟で会社側の担当をした弁護士が麗子だった。

事故を起こしたクルーザーの船長・上田と轟は同期入社で仲が良かった。

真相

竜也を殺害現場に呼び出し争ってはいるが殺したのは彼ではない。轟を刺し殺した犯人は、菅井という人物だった。彼はクルーザー事故で娘を亡くしていた。慰霊祭で轟の様子がおかしいと気付き、事実を確かめようと彼に接触し、逆上して殺してしまったのだ。そして、轟の口から「あの女弁護士が…」と聞いたため、麗子の命も奪おうとした(が、竜也に阻止された)。

・クルーザー事故は、実は事故ではなく、過酷な労働状況で疲労困憊した船長・上田が乗客を巻き込んで起こした「自殺」であった。轟は上田から相談を受けており、社長・沼田にも報告したが、部長に昇格することと引き換えに事実を伏せざるをえなかった。

竜也はクルーザー事故で亡くなった栗原夫妻と本当の親子のように親しかった。夫妻に旅行をプレゼントしたのも竜也だった。法廷の傍聴・慰霊祭への参加で、麗子と轟が事実の隠蔽に加担していると確信した竜也は、両者に近付いたのだった。

麗子が事実を隠蔽したのは自分の名声のためではなかった。真実を明らかにすればスターリゾートは潰れる。そうなると、遺族へ十分な賠償金が支払われなくなってしまう。それを避けるための隠蔽であった。

***** ***** *****

 今回の「やられた!」は、麗子のことでした。轟殺しのところまでは読めました。でも、麗子の事実隠蔽が遺族のためだった…というのは見抜けなかった^^;竜也のことも知っていたのに、事務所のバイトを紹介して、殺されても仕方ないと思っていたっぽい?いい人すぎる(>_<)…時間的にまだなんかあるのかな?とは思いましたが。

 殺された轟がちょっと不憫に感じてしまいました。悪いのは社長ですよ。轟は慰霊祭の時に良心の呵責にさいなまれて上田の奥さんのところに行ったんですよね。それが仇になって遺族・関係者からマークされるという…。うーん。

 麗子の「誰がどう言おうと、竜也くんは私のヒーローよ」は、聞いている方が照れるようなセリフでしたw そして、麗子も”ヒーロー”だったわけでww 全体的に、なかなか面白かったと思います^^

 

*久々に松尾れい子さんが見られたり、キャラメルボックスの大内さんも見られたり、私にはそういう意味で、お得感のある回でした(^O^)

 

*録画なし、一度見ただけで書いています。そのため、特にセリフは実際と違う場合があります。ご了承願います。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村